試し読み作品をツイートしてタイムライン上で読んでもらおう!

角川インターネット講座4 ネットが生んだ文化 誰もが表現者の時代

この作品をTweetしているユーザ属性と関連ワード
:100%
:0%
最多属性:不明/男性
  • Kindle
  • インターネット
  • インフラ
  • ポイント還元
  • Amazon

これからの日本を支配するネット住民の行動原理とは?

ツイートする
試し読み作品の他サイトへの埋め込みコードを取得
4.29/5 (7件の評価)

【サイトに埋め込みできるHTMLを取得】

<角川インターネット講座4 ネットが生んだ文化 誰もが表現者の時代について>
インターネット時代の新たなカルチャーとは。非リア、炎上、嫌儲、コピーの4つのキーワードでネットの精神風土を解説。日本最大のネットメディア「ニコニコ動画」の川上量生が語るネットカルチャーの本質。
※本文に記載されている「購入者特典」には期間が限定されているものがあります。あらかじめご了承ください。
■執筆者情報
《第一部 日本のネット文化と精神風土》
序章 ネットがつくった文化圏
 川上量生(株式会社KADOKAWA・DWANGO代表取締役会長、角川アスキー総合研究所主席研究員)監修者・代表監修者
第1章 日本のネットカルチャー史
 ばるぼら(ネットワーカー、古雑誌蒐集家、周辺文化研究家)
第2章 ネットの原論空間形成
 佐々木俊尚(作家・ジャーナリスト)
《第二部 ネット文化を支配する原理》
第3章 リア充対非リアの不毛の戦い
 小野ほりでい(ライター)
第4章 炎上の構造
 荻上チキ(評論家)
第5章 祭りと血祭り 炎上の社会学
 伊藤昌亮(愛知淑徳大学メディアプロデュース学部准教授)
第6章 日本文化にみるコピペのルール
 山田奨治(国際日本文化研究センター教授)
第7章 リア充/非リアの構造
 仲正昌樹(金沢大学法学類教授)