漫画・書籍を無料試し読み! ePub-Tw

  • はじめての方へ

試し読み作品をツイートしてタイムライン上で読んでもらおう!

13th Note (5) ハイジの国から来た男。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

ハネスに出会ったのは、アートブレイキー・アンサンブルのオーディションだった。ハネスはベース担当、人懐こくて、プロデュース能力に長けていた。ハネスがベース、ミチがバイオリン、僕がピアニカでトリオを組む。初夏のある日曜日、ハウストンストリートの教会の前で僕らは路上デビューする――。50歳の音大生・大江千里。青春と呼ぶに等しい時間の中でNYジャズ留学第5弾は路上ライブ中継です【読了時間 約30分】

試し読み作品の他サイトへの埋め込みコードを取得
ツイートする
0/5 (0件の評価)

【サイトに埋め込みできるHTMLを取得】

<13th Note (5) ハイジの国から来た男。について>
ハネスに出会ったのは、アートブレイキー・アンサンブルのオーディションの教室だった。ハイジの国から来たこの男は、ベース担当、人懐こくて、プロデュース能力に長けていた。スイスではビックバンドの指揮もしていたという。ハネスがベース、ミチがバイオリン、そして僕がピアニカでトリオを組むことになった。初夏のある日曜日、ハウストンストリートの教会の前で僕らは路上デビューする。

  ※
第1回目は、ほぼ30分を3回やった。初回にしては上出来だろう。
「イパネマの娘」「ニューヨーク ニューヨーク」「星影のステラ」など。
左右の店の人たちに感謝の挨拶をしてから楽器を片し、ハウストンストリートを少し西に行ったところのカフェに入る。

「ケースに入ったお金いくらだった?」
「1人、20ドルぐらいかな」
「おお、悪くないじゃん」
「全然、悪くない」――本文より。
  ※

オーディションには落ちたものの、新しい出会いがいくつもあった。50歳の音大生・大江千里。青春と呼ぶに等しい時間の中でNYジャズ留学第5弾は路上ライブ中継です【読了時間 約30分】

大江千里■1960年9月6日大阪生まれ。1983年デビュー。2008年、ジャズピアニストを目指し愛犬と共にNYへ。ジャズアルバム『boys mature slow』『Spooky Hotel』をリリース。東京ジャズフェスティバルには2年連続出演。現在は米国内で積極的なライブ活動を展開中。NYジャズ留学の前半を綴った『9th Note』12冊、日本家屋体験エッセイ『僕の家』4冊を配信中。


ジャンル:新書・実用 , 教養 , ノンフィクション・ドキュメンタリー
出版社名:ブックウォーカー
レーベル:カドカワ・ミニッツブック
公開期間:
試し読みページ数:約 10 ページ