試し読み作品をツイートしてタイムライン上で読んでもらおう!

「コドモみたいなオトナ」とのつき合い方

日常生活の中で出会う、子どもみたいな「困ったオトナ」に腹立たしさを感じても、相手を子どもだと思って接すれば不思議と怒りや悩みが消えるもの。「困ったオトナ」を5歳児になぞらえて、彼らとのコミュニケーション方法や自分が我慢せず仕事や生活を営むテクニックを解説します。

ツイートする
試し読み作品の他サイトへの埋め込みコードを取得
0/5 (0件の評価)

【サイトに埋め込みできるHTMLを取得】

<「コドモみたいなオトナ」とのつき合い方について>
「コミュニケーション」と「心理」のエキスパートがこっそり教える、子どもみたいな「困ったオトナ」の行動原理と対応策。ふだんの仕事や生活の中で、「この人って、なんて子どもみたいなことを言うんだろう」と思うような、困ったオトナに出会ったことはありませんか? そんなときには、非常に腹立たしい気持ちになって、平たくいえばムカついて、コミュニケーションがさらに取りにくくなったり、相手を理解しようとして我慢したり、悩んだりしてしまうことになります。しかし、そんなとき、相手を「子ども」だと思って接すると、不思議と怒りや悩みが消えていくものです。「子どもなんだから仕方がないか」「子どもでも分かるように伝えなきゃいけないな」と、余裕をもって接することが可能になるわけです。