漫画・書籍を無料試し読み! ePub-Tw

  • はじめての方へ

試し読み作品をツイートしてタイムライン上で読んでもらおう!

灼眼のシャナXVII

この作品をTweetしているユーザ属性と関連ワード
:87%
:13%
最多属性:30代/男性
  • ライトノベル
  • 涼宮ハルヒの憂鬱
  • ソードアート・オンライン
  • ゼロの使い魔
  • 境界線上のホライゾン
  • 生徒会の一存
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

どうして──私に手を伸ばすの、悠二?

試し読み作品の他サイトへの埋め込みコードを取得
ツイートする
0/5 (0件の評価)

【サイトに埋め込みできるHTMLを取得】

<灼眼のシャナXVIIについて>
[仮装舞踏会(バル・マスケ)]の盟主・“蛇”との戦いに敗れ、シャナは『星黎殿』に幽閉された。 炎髪も灼眼も、今は紅蓮の煌きを失い、大太刀『贄殿遮那』は取り上げられた。自在の黒衣『夜笠』を身に纏うこともできない。なにより、魔神“天壌の劫火”アラストールの意思を表出させる神器“コキュートス”すら奪われている。 ベルペオルの宝具『タルタロス』によってその異能を封じられたシャナには、抗(あらが)うすべは残されていなかった。 ──命を狙う存在がすぐそこまで迫っていたとしても。 星空を背に、その“紅世の王”は現れた。不意をつかれたシャナの見据える前で、“紅世の王”は抹殺の意思を呟く。 「おまえは──要らない」と。


ジャンル:ライトノベル , 文芸 , ライトノベル
出版社名:KADOKAWA
レーベル:電撃文庫
公開期間:
試し読みページ数:約 8 ページ

販売コード:(ISBN-13)9784048673419

同一シリーズの作品

新着の試し読み作品

関連する試し読み作品を探す