試し読み作品をツイートしてタイムライン上で読んでもらおう!

灼眼のシャナXII

この作品をTweetしているユーザ属性と関連ワード
:95%
:5%
最多属性:30代/男性
  • ソードアート・オンライン
  • 涼宮ハルヒの憂鬱
  • メロンパン
  • ゼロの使い魔
  • ライトノベル
  • 境界線上のホライゾン

悠二、あなたは誰にもわたさない――。

ツイートする
試し読み作品の他サイトへの埋め込みコードを取得
0/5 (0件の評価)

【サイトに埋め込みできるHTMLを取得】

<灼眼のシャナXIIについて>
御崎高校では、年に一度の学園祭 「清秋祭」 が開催されていた。 仮装賞に選ばれたシャナは、赤いリボンにワンピースという愛らしい姿で舞台の上に立っていた。 優勝者インタビューでマイクを手にしたシャナは、 「私、悠二が――」 と、胸にあふれる “どうしようもない気持ち” を、一人の少年へ向けて伝えようとする……。 しかしそれは、一陣の疾風によって中断された。 風の色は琥珀。 “約束の二人” の片割れ、“彩飄” フィレス顕現の証だった――! 悠二の 「零時迷子」 の中に封印されているヨーハンを取り戻そうとするフィレス。 一方、悠二は己の存在を消される恐怖を感じて……。