試し読み作品をツイートしてタイムライン上で読んでもらおう!

新訳 ドリトル先生月から帰る

この作品をTweetしているユーザ属性と関連ワード
:100%
:0%
最多属性:不明/男性
  • アルケミスト
  • honto
  • 新訳 リチャード三世
  • 角川文庫
  • わが闘争
  • アフリカ

6mのお医者さん、巨大バッタに乗って地球に帰る!? へんてこゆかいな冒険シリーズ第9巻! 64点の絵と新訳(完訳)で名作を!

ツイートする
試し読み作品の他サイトへの埋め込みコードを取得
0/5 (0件の評価)

【サイトに埋め込みできるHTMLを取得】

<新訳 ドリトル先生月から帰るについて>
トミー少年が、ドリトル先生を月にのこして一人で地球に帰ってくると、おうちはすっかりあれ放題。やっぱり先生がいないとダメなんだ! 動物たちとお庭を手入れしたり、お金をかせいだりしながら、トミーはひたすら先生の帰りを待ちます。ある月食の晩、ついに月にのろしがあがり、先生が巨大バッタに乗って帰ってきました! えっ、この6m近くある巨人が先生? しかもおみやげは、みんなこわがる、月のネコ! やがて、偉大な先生が帰ってきたニュースを聞きつけ、町中の動物たちが家におしかけます。これじゃ月の本が書けないと、こまりはてる先生。そこで、ならず者のマシューが思いついたアイデアは……ろうやに入って原稿を書く、だって? 動物と話せるお医者さんの冒険シリーズ第9巻を、64点の絵と新訳(完訳)で!