試し読み作品をツイートしてタイムライン上で読んでもらおう!

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん4 絆の支柱は欲望

この作品をTweetしているユーザ属性と関連ワード
:56%
:44%
最多属性:40代/男性
  • 電撃文庫
  • ライトノベル
  • 青春
  • 実写映画化
  • 生徒会の一存
  • 涼宮ハルヒの憂鬱

破綻したマユを直す。 僕はまだ、まーちゃんを騙し足りないから。

ツイートする
試し読み作品の他サイトへの埋め込みコードを取得
0/5 (0件の評価)

【サイトに埋め込みできるHTMLを取得】

<嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん4 絆の支柱は欲望について>
三月三十一日。 マユが破綻した。四月一日。 僕は単身、かつて誘拐犯が住んでいた邸宅に足を運んでいた。主観でいうと、元僕ん家だ。 今では、 『大江家』 の所有物となっていた。元自宅で待ち受けていたのは、以前の姿を一片も感じさせない増改築。家人の景子さんによる鳥肌な歓迎と忌まわしき過去との再会。僕はすべてを受け入れ、屋敷を探索する。求めるものは、マユがまーちゃんにもどるための何か。しかし、事態は混迷を極め始める。切られた電話線、水没する携帯電話、大江家の皆さんと共に閉じ込められる僕ら…… ら? そうだ。 伏見、なんでついてきたんだよ。 クローズド・サークルって、全滅が華なんだぞ。…… さて僕は。この小旅行中に、みーくんを取り戻し、まーちゃんを救うことができるのだろうか。