試し読み作品をツイートしてタイムライン上で読んでもらおう!

ヘヴィーオブジェクト 死の祭典

この作品をTweetしているユーザ属性と関連ワード
:92%
:8%
最多属性:30代/男性
  • あまんちゅ!
  • 境界線上のホライゾン
  • 灼眼のシャナ
  • 神様のメモ帳
  • 鈴木絵理
  • ふらいんぐうぃっち

「……お兄ちゃんは、最後まで私の味方でいてくれるよね……?」

ツイートする
試し読み作品の他サイトへの埋め込みコードを取得
0/5 (0件の評価)

【サイトに埋め込みできるHTMLを取得】

<ヘヴィーオブジェクト 死の祭典について>
「─── とでも言って欲しいのか? この変態め」 全世界が待ちに待ったスポーツの祭典、テクノピック。世界的勢力の代理戦争であるこの一大イベントに、とある少女が参加した。 全てを金で解決する 『資本企業』 航空PMC所属の一二歳の少女。課せられたのは、スポンサーが売り出す新型ライフルを使用してテクノピックで好成績を上げること。参加者は等しく代理戦争の 『敵兵』。この競技の常識を理解し、幼女は銃器を手にして挑む。 「スポンサーの許可がとれたからって、選手のドキュメント撮影クルーをバスルームの中にまで入れるなよ」 「あの失礼ですが、そちらの需要はスタイルを鑑みて、ユーザーニーズはほぼ皆無というか、我々も商売でやってんだぞと」 「どこ見てコメントしやがったこの野郎」 ……クウェンサーとヘイヴィアは? そんな細かいことはどうでもいいのだ近未来アクション!