試し読み作品をツイートしてタイムライン上で読んでもらおう!

アンチリテラルの数秘術師3

この作品をTweetしているユーザ属性と関連ワード
:0%
:0%
最多属性:不明/不明
  • ラノベ
  • sf

私達は無自覚に、目に見えないi(ウソ)を必要として生きているんだよ。

ツイートする
試し読み作品の他サイトへの埋め込みコードを取得
0/5 (0件の評価)

【サイトに埋め込みできるHTMLを取得】

<アンチリテラルの数秘術師3について>
仲間でやってきた北海道旅行。様子のおかしい雪名に、俺は歯がゆい気持ちでいっぱいだった。彼女は俺との“約束”を疑っているのかもしれない ── そう思った折、町が歪み始める。無数の化物。数秘術(アルケニック)が使えなくなる雪名。NPCのように機械的な、町の住人たち。そして現れる、“虚数”の災厄の数(アルヘトス)。彼との出会いで、俺と雪名は互いの本当の気持ちを知ることになる。“数”の異能力バトル、第3弾登場。