無料試し読みがたくさん読めてTwitterに埋め込める!

  • はじめての方へ

試し読み作品をツイートしてタイムライン上で読んでもらおう!

しにがみのバラッド。(11) の試し読み

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

あたしじゃ、本当の友達になってあげられないんだよ。だって、奪ってしまったから。あなたのたいせつなもの――。これは、白い死神と黒猫の、哀しくてやさしい物語。

試し読み作品の他サイトへの埋め込みコードを取得
ツイートする
0/5 (0件の評価)

【サイトに埋め込みできるHTMLを取得】

試し読み作品の続きを読む

<しにがみのバラッド。(11) の試し読みについて>
真っ白い花びらが、風にたゆたって、泳いでいる。そんな何処かの空から、真っ白な女の子がふわりと現れた。私の心に触りにやってきた。その子は、自分のことを「死神」なんて言うけれど、私は思う。天使じゃないかって。本当は、哀しいことを告げにきたのに。たいせつなものを失くしてしまうと、教えてくれにきたのに。私の心に触れにきた。かわいらしい黒い猫をその胸に抱いて。そして私は、どうしてか言ってしまったんだ。「友達に――なって」なんて。これは白い死神と黒猫の哀しくてやさしい物語。


ジャンル:ライトノベル , 文芸 , ライトノベル
出版社名:KADOKAWA
レーベル:電撃文庫
公開期間:
試し読みページ数:約 54 ページ

販売コード:(ISBN-13)9784840241854
試し読み作品の続きを読む

同一シリーズ の試し読み作品

新着の試し読み作品

関連する試し読み作品を探す