無料試し読みがたくさん読めてTwitterに埋め込める!

  • はじめての方へ

試し読み作品をツイートしてタイムライン上で読んでもらおう!

なぜ、できる社長は損益計算書を信じないのか の試し読み

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

中小企業が不況を乗り切るためには、会計データを分析することが必要。現場を熟知する公認会計士が、日々の経理をひと工夫するだけで簡単に損益計算書の細分化ができる具体的な手法を紹介。

試し読み作品の他サイトへの埋め込みコードを取得
ツイートする
0/5 (0件の評価)

【サイトに埋め込みできるHTMLを取得】

<なぜ、できる社長は損益計算書を信じないのか の試し読みについて>
長年、中小企業の経営を手助けしてきた著者が、損益計算書の「本当の使い方」を伝授した本です。多くの経営者が決算書を納税のための必要書類としてしか見ていない現実を目の当たりにして、居ても立ってもいられない思いで筆をとった、渾身の1冊。ポイントは、全社ベースの損益計算書を「流通」「市場」「商品」という3つの領域で細分化すること。「マトリックス損益計算書」と名づけられたこのメソッドは、クライアント企業に導入され、大きな成果をあげています。長引く不況に苦しむ中小企業にとって、まさに救世主と言ってもいいでしょう。中小企業の実態に精通する著者だからこそ、歯切れのいいアドバイスができるのだと実感しています。


ジャンル:新書・実用 , ビジネス , 経済
出版社名:KADOKAWA
レーベル:中経出版
公開期間:
試し読みページ数:約 10 ページ

販売コード:(ISBN-13)9784806141501

新着の試し読み作品

関連する試し読み作品を探す