無料試し読みがたくさん読めてTwitterに埋め込める!

  • あとで読む
  • はじめての方へ

試し読み作品をツイートしてタイムライン上で読んでもらおう!

終末なにしてますか? もう一度だけ、会えますか?#03 の試し読み

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

「だからね、わたし、やっと決めたよ。──きみの、邪魔をしてやる」

試し読み作品の他サイトへの埋め込みコードを取得
ツイートする
試し読み作品をあとで読む
5/5 (1件の評価)

【サイトに埋め込みできるHTMLを取得】

試し読み作品の続きを読む

<終末なにしてますか? もう一度だけ、会えますか?#03 の試し読みについて>
あれから10日が経った。妖精の存在と特性についてはまだ極秘事項のままで、〈重く留まる十一番目の獣〉(クロワイヤンス)を仕留めたのは、フェオドール四位武官が極秘で預かっていた、最新の試作爆弾であるとされた。
常識を超えた強さで魔力(ヴェネノム)を熾した黄金妖精(レプラカーン)ラキシュはいまだ目覚めず、リンゴはもういない。
――フェオドールは結論した。きっともう始めてしまうべきなのだろう。世界に敵対する、最初で最後の戦いを。
急転直下! 新シリーズ第3弾。


「だからね、わたし、やっと決めたよ。──きみの、邪魔をしてやる」


ジャンル:ライトノベル , 文芸 , ライトノベル
出版社名:KADOKAWA / 角川書店
レーベル:角川スニーカー文庫
公開期間:
試し読みページ数:約 47 ページ

販売コード:(ISBN-13)9784041046562
試し読み作品の続きを読む

同一シリーズ の試し読み作品

新着の試し読み作品

関連する試し読み作品を探す

誰でも無料でアルバムが作れる!TwitterPhotoAlbum