無料試し読みがたくさん読めてTwitterに埋め込める!

  • あとで読む
  • はじめての方へ

試し読み作品をツイートしてタイムライン上で読んでもらおう!

昭和まで生きた「最後のお殿様」 浅野長勲 の試し読み

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

幕末、明治、大正、昭和までを凛と生き抜いた「最後の大名」がいた。
その安芸広島藩藩主「浅野長勲」の数奇な人生を通じて、激動の近現代史を振り返る。

試し読み作品の他サイトへの埋め込みコードを取得
ツイートする
試し読み作品をあとで読む
0/5 (0件の評価)

【サイトに埋め込みできるHTMLを取得】

<昭和まで生きた「最後のお殿様」 浅野長勲 の試し読みについて>
幕末、明治、大正、昭和までを凛と生き抜いた「最後の大名」がいた。
その安芸広島藩藩主「浅野長勲」の数奇な人生を通じて、激動の近現代史を振り返る。

長州征伐での調停から、大政奉還で建白書の提出、新聞「日本」の発行、小御所会議での活躍、第十五銀行の頭取、日本初の洋紙製造会社の創業、イタリア大使、昭和天皇の養育係と、実業・言論・政治の世界で一目置かれる存在であった。


また、徳川慶喜や孝明天皇、西郷隆盛、大久保利通、岩倉具視、坂本龍馬と親交があった。

長勲と話した慶喜は、「老中が強すぎて、俺の言うことなど聞いてくれない」と言って、ポロポロ涙を流したという。
慶喜の涙。これを見た大名が、この時代に何人いたであろうか。

また、ガチガチの攘夷論者として知られた孝明天皇が、実は「攘夷は方便である」と長勳に打ち明けている。

坂本龍馬や西郷隆盛などの幕末伝にはない、もう一つの幕末・近現代史が見えてくるだろう。


ジャンル:新書・実用 , 人文 , 日本史, 歴史
出版社名:パンダ・パブリッシング
公開期間:

新着の試し読み作品

関連する試し読み作品を探す

誰でも無料でアルバムが作れる!TwitterPhotoAlbum