無料試し読みがたくさん読めてTwitterに埋め込める!

  • あとで読む
  • はじめての方へ

試し読み作品をツイートしてタイムライン上で読んでもらおう!

源氏 物の怪語り の試し読み

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

紫式部と妖を巡る、平安の四季に彩られた四つの物語 ――

試し読み作品の他サイトへの埋め込みコードを取得
ツイートする
試し読み作品をあとで読む
0/5 (0件の評価)

【サイトに埋め込みできるHTMLを取得】

試し読み作品の続きを読む

<源氏 物の怪語り の試し読みについて>
千年の時を経て―― なお歴史にその名を残す希代の文人、紫式部。 中宮彰子に仕えつつ、『源氏物語』 を書き綴る彼女の傍らには、とうの昔に亡くなったはずの“姉”がいた。 愛娘の賢子にとり憑いたその姉に導かれ、紫式部が出会うのは、四人の歌人と四季を巡る四つの物語。 伊勢大輔、和泉式部、中宮彰子、赤染衛門 ―― 当代の歌詠み達の前に現れる物の怪は、時に恐ろしく、時に儚く……けれど人の心を映し、朧々としてそこに在る。


ジャンル:文芸 , 文芸 , 小説
出版社名:KADOKAWA / アスキー・メディアワークス
レーベル:メディアワークス文庫
公開期間:
試し読みページ数:約 45 ページ

販売コード:(ISBN-13)9784048863674
試し読み作品の続きを読む

新着の試し読み作品

関連する試し読み作品を探す

誰でも無料でアルバムが作れる!TwitterPhotoAlbum