無料試し読みがたくさん読めてTwitterに埋め込める!

  • あとで読む
  • はじめての方へ

試し読み作品をツイートしてタイムライン上で読んでもらおう!

ナイフの行方 の試し読み

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

「人間は変わらない」「みんなが人間を信じすぎている」のセリフが胸に突き刺さる傑作ドラマ「ナイフの行方」(NHK/2014年12月放送)のシナリオ集。作者及び制作統括近藤晋氏の超ロング解説を収録。

試し読み作品の他サイトへの埋め込みコードを取得
ツイートする
試し読み作品をあとで読む
5/5 (1件の評価)

【サイトに埋め込みできるHTMLを取得】

試し読み作品の続きを読む

<ナイフの行方 の試し読みについて>
2014年12月に放送されたNHKドラマ「ナイフの行方」を書籍化。山田太一の最新書き下ろしドラマ(前後編計146分)で、制作統括は「男たちの旅路」(1976年~放送)の近藤晋プロデューサー。
ナイフで無差別殺人を犯そうとした若者(今井翼)を、剛腕の老人(松本幸四郎)が取り押さえて自宅に連れ帰る(前編)。後編で意外かつ衝撃的な展開が待っている本作は、放送当日から山田太一ファンが騒然とした「異色作にして傑作」。「人間は変わらない」「みんなが人間を信じすぎている」というセリフには作者の心情があらわれ、現代社会へのメッセージに富む骨太の物語です。
本書は、ドラマ前後編のシナリオを完全収録するほか、山田太一本人による1万字解説「正義がどこにあるのか、分からない時代に」、そして近藤晋プロデューサーによる5000字解説「回想シーンがまったくない“傑作”」を収録。1960~70年代から良質なテレビドラマを探求し続けてきた2人の巨匠の言葉は、本作の解説を超え「ドラマとは何か」「人は何に救われるのか」を示唆するテキストとなっています。
山田太一のドラマシナリオ集としては18年ぶりの刊行。81歳を迎え、ますます鋭く世を人を見つめる山田太一の視線を、シナリオとロング解説でたっぷり味わえます。
<NHK特集ドラマ「ナイフの行方」放送概要>
放送:2014年12月22日(月)22.00、23日(火)22.00
※NHKオンデマンドで2015年11月30日まで配信
作:山田太一 演出:吉村芳之
出演:松本幸四郎、今井翼、相武紗季、石橋凌、松坂慶子、津川雅彦 ほか


ジャンル:文芸 , 文芸 , 戯曲・シナリオ
出版社名:KADOKAWA / 角川マガジンズ
公開期間:
試し読みページ数:約 26 ページ

販売コード:(ISBN-13)9784047319301
試し読み作品の続きを読む

新着の試し読み作品

関連する試し読み作品を探す

誰でも無料でアルバムが作れる!TwitterPhotoAlbum