無料試し読みがたくさん読めてTwitterに埋め込める!

  • あとで読む
  • はじめての方へ

試し読み作品をツイートしてタイムライン上で読んでもらおう!

成すも成さぬもないのだが 第三回 鮫について語ろう の試し読み

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

「とにかく怯えながらもその迫力、そしてその圧倒的な強さに心のどこかで魅かれてもいた」(本文より)。なぜ人は鮫に魅かれるのか? 凶暴で残忍なイメージ、美しいフォルム、謎の多い生態系……。鷲崎健が語る愛すべきその世界に触れれば、読者の鮫に対する印象もきっと変わることだろう【想定読了時間20分】

試し読み作品の他サイトへの埋め込みコードを取得
ツイートする
試し読み作品をあとで読む
0/5 (0件の評価)

【サイトに埋め込みできるHTMLを取得】

試し読み作品の続きを読む

<成すも成さぬもないのだが 第三回 鮫について語ろう の試し読みについて>
「とにかく怯えながらもその迫力、そしてその圧倒的な強さに心のどこかで魅かれてもいた」(本文より)

なぜ人は鮫に魅かれるのか?
テレビではその知られざる生態系に迫る特集番組が流れ、鮫をモチーフとしたグッズやキャラクターを若い人が嬉しそうに身につけ、水族館に行けば老若男女多くの来場者が鮫の水槽の前で足を止める。

圧倒的な凶暴性。古代からほとんどその姿を変えていないという神秘性。巨大なジンベイザメ、不思議な深海鮫、異様な頭をもつシュモクザメ。多種多様なその世界に一度はまるとより深く鮫のことが知りたくなる。

鷲崎健が一人しゃべりのラジオのように言葉を紡ぐこのシリーズ。
第三回のテーマは「鮫」。

これまでラジオなどで幾度となく鮫への愛着を語ってきた鷲崎健。
いったい彼は鮫のどこにそんなにも魅かれたのか?
筆の向くまま鮫についての「想い」をつづり出す。

そこには、私たちが思い描くステレオタイプな鮫のイメージを覆す、神秘的でユーモラスで愛すべき鮫の世界があった。
鮫に興味がある人も、鮫なんて大嫌いという人にもぜひとも読んでいただきたい。

【目次】
・三つの魅力
・愛し合う魚
・一番好きな鮫はと問われれば

【想定読了時間20分】


ジャンル:文芸 , 文芸 , エッセイ
出版社名:ブックウォーカー
レーベル:カドカワ・ミニッツブック
公開期間:
試し読みページ数:約 8 ページ
試し読み作品の続きを読む

同一シリーズ の試し読み作品

新着の試し読み作品

関連する試し読み作品を探す

誰でも無料でアルバムが作れる!TwitterPhotoAlbum