無料試し読みがたくさん読めてTwitterに埋め込める!

  • あとで読む
  • はじめての方へ

試し読み作品をツイートしてタイムライン上で読んでもらおう!

13th Note (4) サンドイッチとビバップ の試し読み

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

デリでサンドイッチを頼むとき、アメリカ人は徹底的にカスタマイズする。パンはホットドッグ、トマトスライスは2枚、オニオンとピクルスは抜いて、ケチャップなしでマヨネーズを少々。それは大学のカリキュラムについても同じ。ジーンペルラ、デイヴグラッサー、バリーハリス、裕太。NYのジャズ大学で上級生になった千里(50)に新しい出会いが訪れる。第4弾はビバップ・サンドイッチ・ストーリー!【読了時間 約30分】

試し読み作品の他サイトへの埋め込みコードを取得
ツイートする
試し読み作品をあとで読む
0/5 (0件の評価)

【サイトに埋め込みできるHTMLを取得】

試し読み作品の続きを読む

<13th Note (4) サンドイッチとビバップ の試し読みについて>
デリでサンドイッチを頼むとき、アメリカ人は徹底的にカスタマイズする。パンはホットドッグ、トマトスライスは2枚、オニオンとピクルスは抜いて、ケチャップなしでマヨネーズを少々。それは大学のカリキュラムについても同じ。ジーンペルラ、デイヴグラッサー、バリーハリス、裕太。NYのジャズ大学で上級生になった千里(50)に新しい出会いが訪れる。第4弾はビバップ・ストーリー!【読了時間 約30分】

「NYに来たばかりの頃、近所の和食屋さんでバリーハリス(ビバップの巨匠)に遭遇しているのだ。僕が必死にその日に勉強したノートを広げて復習をしていたら、隣に座った氏が
『きみはジャズを学んでいるの? 先生は誰なの?』
って聞いてきた。すぐにその人が誰かは僕にもわかったので緊張しながら、
『ニュースクールでまだ基礎クラスをやっているのです』
とだけ返したら、
『そう。あそこはジャズしか教えないいい学校だ。ジュニアマンスとか本物のミュージシャンが教えている。やめなさんなよ。続けなさいよ。ビバップは楽しいよ。今度暇があったら家にも習いに来なさい。じゃあ、頑張って』
僕はもう全身がカチカチになり直立不動で『ありがとうございます!』とその場をあとにした」――本文より。

大江千里■1960年9月6日大阪生まれ。1983年デビュー。2008年、ジャズピアニストを目指し愛犬と共にNYへ。ジャズアルバム『boys mature slow』『Spooky Hotel』をリリース。東京ジャズフェスティバルには2年連続出演。現在は米国内で積極的なライブ活動を展開中。NYジャズ留学の前半を綴った『9 th Note』12冊、日本家屋体験エッセイ『僕の家』4冊を配信中。


ジャンル:新書・実用 , 教養 , ノンフィクション・ドキュメンタリー
出版社名:ブックウォーカー
レーベル:カドカワ・ミニッツブック
公開期間:
試し読みページ数:約 10 ページ
試し読み作品の続きを読む

同一シリーズ の試し読み作品

新着の試し読み作品

関連する試し読み作品を探す

誰でも無料でアルバムが作れる!TwitterPhotoAlbum